お役立ちブログ

整体院・整骨院の来院数を増やす!ポスティングチラシの集客効果と成功事例

整体院・整骨院

整体院の数が全国25,000軒を突破する等、整体院・整骨院等の治療院の軒数は現在も右肩上がりで増え続けている状態です。地域内での利用者獲得競争も激しさを増しており、より積極的なマーケティングを行う必要性が出てきています。そんな中、注目を浴びているのが昔ながらの宣伝手法である「ポスティング・チラシ」の存在です。

なぜ今、ポスティングチラシが整体院・整骨院等の治療院の集客で重視されているのでしょうか?ここではその集客効果と、販促にチラシを取り入れ利用者アップに成功した事例について解説していきます。

整体院・整骨院等のポスティングチラシによる集客効果とは?

1.来店率・リピーター率の高い地域への重点的な販促

整体院・整骨院等の治療院の利用経験がある人を対象としたアンケート調査では、治療院を選んだ要素の第1位に「家からの近さ(通いやすさ)」が上がっています。実に利用者の中の70%以上が、治療院選びに家からの距離感を重んじているのです。

また治療院を変えた・治療院に行くのを止めたという人の回答でも、その理由の第3位に「通いにくい・家や職場から遠い」という理由が見られました。

つまり整体院・整骨院等が宣伝を行う場合、ひたすら広範囲に宣伝を打つのではロスが大きいということになります。いくら治療院の魅力を新聞折込チラシやWeb広告等で訴えかけても、その人の住む場所と治療院の距離感が遠ければ選択肢から外れてしまう確率が高いですし、例え一度来院しても長期的なリピーターにはなかなかなってくれません。

反対に治療院からの距離が近い地域・治療院から公共機関で気軽に訪れることができる地域等であれば、宣伝への反応率が大きく上がることが期待できます。配布する地域を細かく指定できるポスティングチラシの場合、例えば「徒歩圏内で通える地域」といったリピーターを得やすい地域に対して重点的な配布を行うことも可能です。

また高齢者層の多い地域・女性が多い地域といっったエリア特性を国勢調査等のデータから抽出し、配布エリア指定をすることもできます。今後のターゲットの多い箇所に集中的な販促を行うことで、より宣伝効率を上げ、集客に繋げることもできるのです。

2.治療院未経験者のニーズを掘り起こす

20才以上の成人のうち、整体院・整骨院等の治療院の利用経験がある人はまだ20%~30%未満に留まっています。多くの人が身体の不調を感じながらも、その緩和対策として「整体」等の方法があることを知らない状態というわけです。

ポスティングチラシのキャッチコピーや画像等に気を配れば、今まで治療院の治療内容を知らなかった人に対しても「整体を使うメリット」を手早く伝えることができます。例えば「その肩の辛さ、もしかして体の歪みが原因かも?」というキャッチコピーが大きく入ったチラシを見れば、肩こりに悩んでいる人は「問題を解消できる手段がわかるかも」と、チラシを更に読み込もうとすることでしょう。

各戸のポストに配られるポスティングチラシは、郵便物等との仕分けの必要性から95%~99%という高い確率で見込み客に視認されます。キャッチコピーやデザインに工夫をすることで、隠れたニーズを持っている潜在顧客を大量に掴める可能性も高いのです。

3.来院への不安を解消する

整体院・整骨院等の治療院に興味を持った顧客の「問い合わせ・来院」といったアクションを妨げてしまうのが、見知らぬ治療院に対する「不安感」です。

【見込み客の不安要素】
・清潔感のある院なのか?
・治療者はどんな人なのか?
・どんな施術を行うのか?
・料金は適正なのか?

見込み客にスムーズな問い合わせ・来店といったアクションを行ってもらうためには、これらの不安要素を早めに解消しておく必要があります。「詳しくは院にお問い合せください」「詳細はWebサイトで」といった顧客の手間をかけさせてしまう宣伝方法はあまり有効ではありません。顧客に調べる手間をかけさせず、「安心して行ける治療院だ」という第一印象を持って貰うことが大切なのです。

ポスティングチラシに治療室の内装や施術者の顔写真等が掲載されていれば、見込み客側は院内を見学したかのような安心感を得ることができます。施術中の様子等が画像付きで説明されていれば、より信頼感を上げることもできるでしょう。不安が払拭されることで、見込み客側の問い合わせ・来院へのハードルは一気に低くなるのです。

ポスティングチラシによる整体院・整骨院の販促成功事例

女性に特化させたチラシで来院数大幅アップ

開業して2年目となる整体院A。しかし地域に競合する治療院が多く、なかなか長期利用者を獲得できないことに悩んでいました。そこでA院は、今までほとんど来院者が居なかった30代~40代の女性層をターゲットとしたポスティングチラシによるマーケティングを開始することにしたのです。

ポスティングするチラシには「その疲れ、その辛さ、もしかして骨盤が歪んでいませんか?」という問いかけ形式のキャッチコピーを採用。女性モデルの画像を大きく配し、骨盤の歪みによるイライラ感・倦怠感・生理痛の重さといった問題点をわかりやすく説明しました。また院内の様子や女性施術者による施術中の様子等も画像で説明。女性も安心して利用できる院であることを強調したのです

ポスティングチラシ配布を行った結果、宣伝の翌週からは女性からの問い合わせが急増。整体院の近隣地域に集中的な配布を行ったためリピーターも多く獲得でき、来院者数を前年度の170%にまで上げることに成功しています。

おわりに

ポスティングチラシによる集客効果を高めるためには、ターゲット層に合わせたキャッチコピーやデザインを選ぶことも大切です。今後来て欲しい層は高齢者層なのか、主婦層なのか、男性客なのか…院のコンセプトや得意とする施術等と照らし合わせながらターゲット層をしっかりと絞込み、反応の良いチラシを作っていきましょう。

 

関連記事

お見積りフォーム

デザイン&印刷のご注文もこころざしへ

求人

川崎市ポスティングブログ

お役立ち記事

  1. color
    「売れるチラシを作りたい!」と思った時、まず考えるべきはそのチラシを読む相手の性別です。
  2. チラシ
    ネット広告が盛んとなった現在でも、根強く支持される「チラシ」を使った宣伝。
  3. チラシ
    「チラシ」を見たことが無いという人は居ないはず。
  4. 行列
    「商品やサービスには自信があるのに、顧客が来ない…」こんな悩みを抱えていませんか?それはもしかしたら...
  5. 住宅ローン
    日銀のマイナス金利政策によって、メガバンクですら本業で苦戦が続いている現在の日本。