お役立ちブログ

介護施設・老人ホームの入居率を変える!ポスティングチラシの集客効果と成功事例

老人ホーム

10年前と比較して、2.5倍近い増加率となっている介護施設や有料老人ホーム。かつての「施設を作っていれば自然と入居者が集まる」という時代は終わり、各施設が積極的に集客のための戦略を取る必要が出てきています。介護施設・老人ホームの宣伝方法として注目を浴びているのが、昔ながらの宣伝方式である「ポスティングチラシ」です。なぜ老人ホームの集客宣伝で、ポスティングチラシが効果的なのでしょうか?ここではその理由や宣伝に成功した事例について解説していきます。

介護施設・老人ホーム宣伝におけるポスティングの集客効果とは?

1)紙面ベースのチラシ情報は高齢層に効果あり

介護施設・老人ホーム等の福祉関連施設のメインターゲットとなるのは、サービス利用者である高齢者本人およびその家族世帯です。有料老人ホームは現在主に65才以上を対象としており、最近では自身で早めに施設を選ぼうとする高齢者も増えています。また家族が主に施設探しをしている場合でも、最終的に本人に施設の情報を見せて情報共有をするケースが多い傾向です。

スマホ利用者層が増加しているとは言えど、60代以上の高齢層におけるネット使用率はいまだ4割程度に留まっています。またスマホ使用者であっても、主な使用法はメール・SNS(LINE等)であり、ネットで積極的な情報収集を行う高齢層は少ないのが現状です。つまり高齢者の多くが、新聞・雑誌・そしてチラシといった「紙面ベース」による情報を頼りにしていることになります。

各戸のポストに直接届けられる「ポスティングチラシ」は、上記のような理由から特に高齢者層のチェック率が高いと考えられています。高齢層をターゲット層とする介護施設・有料老人ホーム・高齢者向け優良賃貸住宅といった福祉関連施設の宣伝とポスティングチラシは相性が良いのです。

2)明るい視覚的イメージで第一印象アップ

施設利用予定者本人、そしてその家族達は、介護施設・老人ホームといった施設に対して多くの不安を抱えている状態です。「寂しい場所ではないのか」「清潔感はあるのか」「親切に対応してもらえるのか」…ターゲット層が持っているこのようなネガティブな不安・不審を解消するには、早い時点で「良い印象」を与えておく必要があります。

ポスティング・チラシで青空の元の明るい施設の外観写真や、緑豊かな施設周辺の風景、にこやかに過ごしている利用者・スタッフのイメージ写真等を打ち出せば、チラシを手に取った側の施設への第一印象はポジティブなものに切り替わります。第一印象で「明るくクリーン」というイメージを強く植え付けることで、その後のサービス内容・料金体系といった詳細情報もポジティブに捉えて貰いやすくなるのです。

3)「施設の強み」を打ち出す

介護施設・老人ホームと行った高齢者関連施設が急増加する中で、施設探しを始めたターゲット層は「何を選べばよいのか」という選択のポイントに迷うようになっています。「選びどころがわからない」と感じる人達が行き着いてしまうのは「料金の安さ」といったわかりやすいポイントです。立地・料金といった点でアドバンテージを持っていない施設の場合、このような選択ポイントでは施設選びから外されやすくなってしまいます。

しかしポスティング・チラシで「ひと目見てわかる」というはっきりした個性・強みを打ち出せば、ターゲット層は「この施設はコレに強いんだな(魅力がある)」と感じます。例えばチラシのキャッチコピーに「三度の食事がおいしい/選べる献立」と書いてあれば、食の楽しみを重視するターゲット層は強い魅力を覚えるでしょう。

曖昧なポジティブワードを並べ立てて凡庸な印象となるよりも、施設が持つ「この施設ならでは」の特徴・強みを覚えてもらった方が、最終的な「入居契約」にも繋がりやすくなるのです。

4)エリア配布で「近さ」を感じさせる

介護施設・老人ホームを探している高齢者本人や家族は、「自宅から遠い場所」にある施設へ行くことには強い拒否感を覚える傾向があります。高齢者本人は「できれば慣れ親しんだ土地から近い場所が良い」と考えますし、家族側も「近い方が気軽に訪れることができる」と考えるものです。そのため多くのご家族が、高齢者本人もしくは家族が住む土地の近隣地域から介護施設・老人ホームを選びたいという希望を持っています。

つまり効率的に集客を行うのであれば、施設近隣の住民をターゲット層とするのが最も有効というわけですね。エリアを細かく指定して配布ができるポスティング・チラシであれば、施設周辺地域といった特定の範囲に対して集中的な宣伝が行なえます。また国勢調査等のデータから「高齢者層が多い地域」「富裕層が多い地域」等を抽出してエリア指定を行うこともできるため、よりターゲット層が多い地域へ効率的に宣伝を行うことも可能です。

介護施設・老人ホームのポスティングによる成功事例

ラグジュアリーなサービスと施設をウリにしている有料老人ホームA。しかし創業当初は「料金が高い」と敬遠されがちで、入居率に伸び悩みが見られていました。そこで老人ホームAはポスティングチラシによる宣伝を開始。チラシには高級感のある施設内部の様子や食事内容等の画像を大きく掲載し、ゆとりのあるライフスタイルが送れる点をアピールしました。

施設近隣のエリアに対しポスティングチラシ配布を行ったところ、問い合わせ率が急上昇。電話問い合わせ・資料請求・無料見学会への申込といった総反応率は、宣伝改善前の220%近くにまで改善されています。

おわりに

介護施設・有料老人ホーム・高齢者向け住宅といった高齢者関連施設のチラシでは、「ゆとり」「伸びやかさ」「清潔感」等を感じさせるデザイン・カラー配色も重要になってきます。チラシを3秒見ただけで施設に好印象を持たれるようなデザイン・配色を心がけるようにしましょう。

 

関連記事

お見積りフォーム

デザイン&印刷のご注文もこころざしへ

求人

川崎市ポスティングブログ

お役立ち記事

  1. color
    「売れるチラシを作りたい!」と思った時、まず考えるべきはそのチラシを読む相手の性別です。
  2. チラシ
    ネット広告が盛んとなった現在でも、根強く支持される「チラシ」を使った宣伝。
  3. チラシ
    「チラシ」を見たことが無いという人は居ないはず。
  4. 行列
    「商品やサービスには自信があるのに、顧客が来ない…」こんな悩みを抱えていませんか?それはもしかしたら...
  5. 住宅ローン
    日銀のマイナス金利政策によって、メガバンクですら本業で苦戦が続いている現在の日本。