お役立ちブログ

水道業者の依頼数を増やすには?ポスティングチラシの集客効果と成功事例

水道業者

水道工事・水道トラブル修理工事を行う水道業者の宣伝では、スタンダードな宣伝手法である「ポスティングチラシ」が現在も重要な集客ツールとなっています。中小企業だけでなく大手系の水道業者がポスティングチラシ宣伝を積極的に行っていることからも、ポスティングチラシの影響の大きさが伝わってきますね。

なぜポスティングチラシは水道工事業者の宣伝で重視されるのでしょうか?ここでは水道屋の販促におけるポスティングの集客効果と、ポスティングを駆使して集客に成功して事例について見ていきましょう。

水道業者のポスティングチラシによる集客効果とは?

1.トラブル時の選択筆頭に上がる

水道修理業者が必要とされるシーンと言えば、トイレの水漏れやパイプ詰まり、寒冷地の水道管の破裂といった水回りのトラブルですね。水道業者を必要とする顧客は「現在水周りのトラブル中の人」ということになりますが、トラブルが顕在化している顧客の割合はかなり低いものと言えるでしょう。

水漏れ業者・水道レスキューといった緊急時のトラブルに対応する業者が依頼数を増やすためには、今後利用する可能性がある「未来顧客」がトラブルに遭った時に、速やかに選択肢の筆頭に上げてもらえるよう工夫をする必要があります。

カンタンに言えば「保存率の高いチラシ形状」を選ぶことで、顧客の家の中に業者名や電話番号等を残してもらうことが重要というわけです。配布したチラシや冊子そのものを保存してもらうという方法もありますが、かさばる冊子やペラ紙のチラシ等を長期的に保存して貰うことはあまり期待できません。

そのため水道業者の販促では、小型のマグネットや邪魔になりにくいシール・ステッカー等を配布する方法が有効とされています。ただ新聞折込チラシ等の場合には配布可能なチラシの形状が定められているため、マグネット・シール等を添付する方法はほとんど行うことができません。しかし配布するチラシの形状や製品の自由度が高いポスティングチラシであれば、工夫を凝らしたマグネットやステッカー等を配布することも可能です。

2.企業信頼度をアップさせる

ステッカーやマグネット等のチラシ添付物を見込み客に保存して貰うには、「トラブル時にはこの業者を選ぼう」とまず顧客にイメージさせることが大切です。近年では悪質な水道業者によるトラブルがテレビやネット等で報道されることが増加している分、消費者側も「企業への信頼度」を選択時の重要なポイントにおくようになっています。顧客に選ばれるためには、ポスティングチラシでスピーディに信頼性を上げておくことが重要なのです。

水道局の指定工事店であれば、その点を大きく強調しておくのも信頼性を上げる要素となることでしょう。また社歴(実績)や年間の対応件数等をアピールして、「実力がある」という信頼性を上げるのも手です。

また人間は「顔が見えない相手」に対しては実際以上に不審感や不安を持つ傾向がありますから、電話対応をする相談員・作業をする訪問員の様子等を画像でチラシ内に配置し、「顔見せ」をしておくのも良い方法と言えます。特に全国対応ではない小規模・中規模業者、対応エリアが狭い業者ほど、このような親近感を湧かせる宣伝を取っておくことで消費者の反応率が変わってきます。

3.オファー(特典)で顧客を引きつける

チラシやステッカー・マグネット等の保存率を更に上げる手としては、オファー(特典)を設ける方法が挙げられます。

【水道業者のオファー(特典)例】
・チラシ添付のクーポン使用で修理料金20%OFF
・マグネット提示で1,000円OFF 等

上記のようなオファーがチラシ・マグネット等の目立つ箇所に掲載されていれば、目にした見込み客の「捨ててしまうとソン/取っておいた方がトク」という心理を煽り、目につく箇所に取っておいて貰える確率が上昇します。

標準料金をやたらに下げるのではなく「特典」という形で割引を設けることで、「受け取った自分だけがトクができる」という消費者側の「特別感」を与えられるのもポイントです。また標準料金が飛び抜けて安価だと「安かろう・悪かろうな業者なのでは」という不審感を持たれてしまう可能性もありますが、「特典」という形であればこのような不審感も回避することができます。

ポスティングチラシによる水道業者の販促成功事例

ファミリー向けのチラシで依頼数アップ

水道業者Aは、営業所近隣地域に新興住宅街が増加し、若いファミリー層が増えている点に着目。ポスティングチラシによる販促ターゲットを「ファミリー層」に絞込み、家族ウケの良いチラシ・販促物作りを心がけました。

チラシ・マグネットには女性や子供が親しみやすいキャラクターを多く配置。またチラシデザインは爽やかな水色を地色に、明るさを感じさせるピンク・黄色等のカラーをポイント使いしています。またマグネットカードには「カード提示で1000円割引」という特典も設けました。

ターゲット層を絞り込んだチラシへの反応は良く、「チラシ・マグネットを見て依頼した」という特典利用者の数は2ヶ月間で全配布数の2%近くに。その後に複数回のチラシ配布を行ったことで反応率は更に上がり、年間売上は宣伝改善前の170%以上という好成績を残しています。

おわりに

近年では、インテリアの邪魔にならないデザインのマグネットを採用したり、剥がす時に痕が残りにくいシールを採用する等、水道業者各社でより保存性を高める工夫も行われるようになっています。多少コストがかかっても、手元に残して貰えるグッズを作成することが重要になると言えるでしょう。

 

関連記事

お見積りフォーム

デザイン&印刷のご注文もこころざしへ

求人

川崎市ポスティングブログ

お役立ち記事

  1. 住宅ローン
    日銀のマイナス金利政策によって、メガバンクですら本業で苦戦が続いている現在の日本。
  2. 光回線
    古くは江戸時代から使われきたという伝統ある宣伝方法・ポスティング。
  3. 宅配弁当
    西暦2020年には市場規模が3兆円クラスに届くと予測される等、好況ぶりを見せている宅配弁当・配達弁当...
  4. 老人ホーム
    10年前と比較して、2.5倍近い増加率となっている介護施設や有料老人ホーム。
  5. 水道業者
    水道工事・水道トラブル修理工事を行う水道業者の宣伝では、スタンダードな宣伝手法である「ポスティングチ...